ベーグルとは

ベーグルってドーナツ型したパンだと思っていました。
けどパンとは違うみたいですね。

ベーグルは、食感が命なところがあるんです。パンはふっくらというイメージだけど、ベーグルは、「もちもち」や「ぎゅうぎゅう」した感じ食感です。

ベーグル1

昔食べたベーグルはただ硬かっただけのがありました。それで最初はベーグルってあんまり美味しくないと思っていました。

美味しいベーグルを食べたら「なんて美味しいの!?」とびっくりしました。ふわっとしているのに、もちっともしていて・・・なんとも言えない味でした。

自分でもそれを再現しようと日々奮闘。やっと最近ちょっとだけ(本当にちょっとだけです)コツをつかみました。もう少し作りこんだら、少しは美味しいベーグルに近づけそうです。

パンは、バターとかが入っているけど、ベーグルはシンプルに小麦粉、砂糖(はちみつ)、塩にイーストまたは天然酵母だけのシンプルなものです。だから結構ヘルシーです。砂糖も少ししか入っていないし。そこもパンとの違いですね。

パンは良くこねますよね。でもベーグルはあまり捏ねすぎてもよくないのです。もちろん捏ねなさ過ぎてもだめだけど。

発酵も1次発酵をなくして二次発酵だけの時もあります。どの食感にするかによって発酵は決めていきます。こういった曖昧な発酵はベーグルの特徴かもしれないですね。

パンとベーグルの最大の特徴を書き忘れていました。

ベーグルは焼く前に一度茹でます。まあ短時間ですけどね。

そうすることによってパンみたいには膨らまなくなって、食感が生まれるみたいです。

一度茹でることを忘れて焼いたら、パンみたいに膨れ上がっていました。

でも味は美味しかったけど・・・底割れしすぎて原型をとどめていませんでした。

ベーグル最大の特徴なのに、茹で忘れって本当に私はバカでした。みなさんも茹で忘れにはお気をつけて。でもある意味興味がある人は茹でずに焼いてみてww。

ちなみに茹でることは「ケトリング」と言います。レシピ本にもよって違いますが、私は結構短めにしています。

ベーグルは冷凍保存すると1ヶ月くらい日持ちするんです。

だからまとめて作って冷凍庫に入れたり、まとめて買って冷凍庫へいれたりするととっても便利です。

ベーグル2

食べる時は、自然解凍してレンジでチンか、トースターで焼くと美味しいですよ。

レンジは、全体的にもちっとして、トースターだとそこがカリ、中がふわっとします。どの系とかにもよるけど、でも私はレンジ派ですね。

小麦粉を変えるだけで・・・

小麦粉を変えるだけで味や食感が変わります。またイーストにするか天然酵母にするかでも変わってくる。
天然酵母は、自家製かそうじゃないかでも変化はあるし、自家製の場合には、何の酵母か・・・という事でも味に変化がある。

まぁこれに関してはパンにも同じことが言えちゃいますけど。小麦ってどれも同じと思いきやそれぞれ特徴があって全然違うんです。
ちなみに私は自家製天然酵母派ですけどね。

小麦粉なんだが、基本的にはパンやベーグルは「強力粉」を使用します。その種類だけでも変化はあるし、強力粉ではなく、薄力粉を配合したり、ライ麦粉や全粒粉を配合するとまた違ったベーグルになります。

最近は小麦粉が高くなってきているので、国産の高めの小麦粉に中々手が出ないなどありますよね。私は練習は、安いその辺に売っている強力粉で作っていました。

上手になって~国産を使うようになりました。最初から国産を使うとダメにしちゃったときにもったいないんだよね。

だから最初は安いめの強力粉で十分だと思うよ。上達したら是非美味しい小麦粉を使ってみてっ下さい。

数多く選べる出会いの場が羨ましい

今はお付き合いしたい時や結婚をそろそろと考えた時、婚活サイトやアプリを使って自分の好みの人や出会ってみたい人を探せるのでとても便利だなと思います。

自分の足で動いて探さなくてもまずは婚活サイトやアプリで絞り込めるので時間を有効に使えるのも羨ましいです。

昔の様な形式のお見合いは、紹介してくれた方にも気を使うし会うまでに時間も掛かったりするので現代の女性の方にはあまり合わない形式かもしれません。

そして今の婚活は、堅苦しい感じが無く相手の方を断りにくい事もあまり無いので次にどんどん進め、一つ一つの間の時間が短く済むので結婚したいと思ったら、そのことだけに集中できるのがとても羨ましいです。

あと、とても羨ましいのは自分の好きな時間、場所で相手の情報を調べられたり自分でゆっくり考えられたりと自分の生活ペースを崩す事なく出会いを見つけられるという事はとても羨ましくいいなと思います。

やはり色々な人に会ってお話したりする事はとても大切だと思います。どんな形からでも出会いは大切です。

イーストと天然酵母

食べ比べすると天然酵母の方が美味しいと思う。
けど自分で作るとイーストの方が失敗する率は低いかな。

それほど天然酵母は不安定なんだよね。まぁ元気いっぱいの天然酵母が作れたらいいものができるかもしれないけど、最初は元気いっぱいにならないことが多い。季節にもよるけどね。

冬はあまり元気がよくない。ただ温かい地域だったり、寒い地域でも部屋の中が暖房器具等で暖かくなっていると元気な酵母が作れるかも。

最初はイーストで作ってみて、上手に作れるようになったらホシノ天然酵母など販売している天然酵母を使ってみて、それでも上手にできたら自家製天然酵母を使ってつくるなどステップアップした方がいいかも!?

私みたいに、イーストでもまともにパンも作れなかった人間がいきなり自家製酵母を作って、それが完成しているかどうかも分からないのに・・・・いきなりそれでベーグル作り始めたので、失敗のオンパレードでした。

でも失敗をたくさんした分、いろいろ勉強出来たけどね。

でも材料費かなりもったいないことしました。でもそれ以上にお金では買えない知識を得られたので結局は良かったのかもしれません。

ベーグルはいろいろある

ベーグルって見た目も具も・・・もちもち感もみんな違うよね。私はぷっくりしていてツルツルベーグルに魅力を感じます。
たまにしわしわでほそっこいベーグルも販売しているよね。きっと美味しいのだろうけど、どうも見た目で食べる気が失せる。

普通ベーグルは中心に穴があります

けど成型の仕方では、穴がないように作る店もあります

大きいところもあれば小さいところもある。何が正解というのはないので、奥が深くいろんな味や形のベーグルが出来上がる。

それもまた魅力の一つですね。

またサンドにするのも美味しいですね。野菜やサーモンなど挟んでもいいし、一番合うクリームチーズもいいし、なんでもありですね。

見た目も華やかになって私は大好きです。こんな感じでランチなんかもいいですよね。

そうかと思いきや、チョコ系や甘い系なんかのおやつ感覚のベーグルも捨てがたい。

ぱんよりヘルシーなのに、腹持ちがいいなんて女子には魅力的な食べ物だね。

ベーグルは意外と和風!?

ベーグルと言えば、ニューヨークって思うよね。もちろん向こうから来たんだけど・・・意外と日本風の味があいます。その証拠にいろんなベーグル屋さんでも和風味が販売されています。

もちろん一番メジャーなのは「クリームチーズ」だと思います。ベーグルとクリームチーズは切っても切れない仲です。

総菜パンならぬ、惣菜ベーグルが意外と美味しい。

食感がもちもちしているからなのか・・・味噌やかぼちゃ、ごま、豆系なんかも合うんです。最初食べるのに勇気がいりましたが、食べたら美味しかった。

まだひじきは食べたことないけど・・・世の中にはひじき入りのベーグルが存在しているのできっと美味しいんだろうな。

先日とあるベーグル屋さんに足を運んだら、ベーグルのラスクが売っていました。

美味しそうでしたが、その時はベーグルを買いに行ったので買わずに帰りました。ラスクも大好きなんで、今度自分で作ってみようかな。

ラスクってオーブンで焼いて砂糖をまぶすだけでいいんだね。もっと難しいと思ってた!

失敗しない作り方

私は何度も失敗しました。まだ満足のいくベーグルは焼けたことないけど・・・。でもコツはつかんできましたよ。

最初自分でこねるのが面倒なのでホームベーカリーでこねてもらっていたら、何回も失敗するので本を読みなおしたら「ベーグルの生地は非常に硬いのでホームベーカリーは使わないで」と「捏ねすぎ注意」と書いてありました。

ベーグル3

うちのホームベーカリーは設定しないと、コネは20分なんです。

本には5分程度捏ねるだけと書いてあった。初心者は8分位かかるかも!?とのありました。20分・・・しかも機械でこねていたらそりゃ捏ねすぎだね。生地も柔らかかったし(-_-メ)だから面倒でもベーグルを作る時は自分でこねてね。

自分でこねた際にどの程度捏ねていいのかよくわからず、時間だけを見て捏ねを終了しました。やはり初心者だし捏ねが足りなかったようです。

すると友達に相談したら「べたべた感がなくなるまで捏ねるといいよ」とのことでした。5分捏ねてもべたべた感は残ったまま。

やっぱり私の捏ねはだめかしら?と諦めかけていたら・・・・ベタベタ感がなくなってきたの。なんか手触りもいい感じ。「これだ」となんかわかりました。

発酵→成型→ケトリング→焼きに進みました。今までの中で一番モチモチで良い感じに出来上がりました。

今まで成型もうまく行かなかったけど、生地がいい感じだと成型も完璧じゃないけど、今までで一番スムーズに綺麗にできました。

ただ相変わらず焼き目が薄い。オーブンがしょぼいからかな?