ベーグルとは

ベーグルってドーナツ型したパンだと思っていました。
けどパンとは違うみたいですね。

ベーグルは、食感が命なところがあるんです。パンはふっくらというイメージだけど、ベーグルは、「もちもち」や「ぎゅうぎゅう」した感じ食感です。

ベーグル1

昔食べたベーグルはただ硬かっただけのがありました。それで最初はベーグルってあんまり美味しくないと思っていました。

美味しいベーグルを食べたら「なんて美味しいの!?」とびっくりしました。ふわっとしているのに、もちっともしていて・・・なんとも言えない味でした。

自分でもそれを再現しようと日々奮闘。やっと最近ちょっとだけ(本当にちょっとだけです)コツをつかみました。もう少し作りこんだら、少しは美味しいベーグルに近づけそうです。

パンは、バターとかが入っているけど、ベーグルはシンプルに小麦粉、砂糖(はちみつ)、塩にイーストまたは天然酵母だけのシンプルなものです。だから結構ヘルシーです。砂糖も少ししか入っていないし。そこもパンとの違いですね。

パンは良くこねますよね。でもベーグルはあまり捏ねすぎてもよくないのです。もちろん捏ねなさ過ぎてもだめだけど。

発酵も1次発酵をなくして二次発酵だけの時もあります。どの食感にするかによって発酵は決めていきます。こういった曖昧な発酵はベーグルの特徴かもしれないですね。

パンとベーグルの最大の特徴を書き忘れていました。

ベーグルは焼く前に一度茹でます。まあ短時間ですけどね。

そうすることによってパンみたいには膨らまなくなって、食感が生まれるみたいです。

一度茹でることを忘れて焼いたら、パンみたいに膨れ上がっていました。

でも味は美味しかったけど・・・底割れしすぎて原型をとどめていませんでした。

ベーグル最大の特徴なのに、茹で忘れって本当に私はバカでした。みなさんも茹で忘れにはお気をつけて。でもある意味興味がある人は茹でずに焼いてみてww。

ちなみに茹でることは「ケトリング」と言います。レシピ本にもよって違いますが、私は結構短めにしています。

ベーグルは冷凍保存すると1ヶ月くらい日持ちするんです。

だからまとめて作って冷凍庫に入れたり、まとめて買って冷凍庫へいれたりするととっても便利です。

ベーグル2

食べる時は、自然解凍してレンジでチンか、トースターで焼くと美味しいですよ。

レンジは、全体的にもちっとして、トースターだとそこがカリ、中がふわっとします。どの系とかにもよるけど、でも私はレンジ派ですね。